2022.2.11(祝金)&2.13(日) お味噌作ります。


古民家 くまから洞自給自足ワークショップのご案内

 「2022年 手前味噌寒仕込み 〜米麦糀合わせ味噌の編〜」

手間暇をかけ、四季の移ろう時間の流れの中で静かに熟成されて作られる日本の保存食のひとつ「お味噌」。身体に良いこといっぱいの手前味噌は暮らしを豊かにし幸せな気持ちを運んでくれます。一人で作るのは大変でも、同じ思いの仲間と一緒に作るとあっという間に仕込めてしまいます。

昨年はコロナ禍によりワークショップは開催を見送りましたが、今年は色々気をつけながら、また体調管理もしつつ開催しようと思います。

自分の常在菌を含んだ手作り発酵食品で健康な一年を過ごしたいですね。

材料は自然栽培の大豆、無農薬無化学肥料栽培の米・麦を使用した糀、塩はベトナム産の天日塩を使います。

去年は白米糀味噌でしたが、今回は玄米糀と麦糀の合わせ味噌です。お米と麦の味わいが両方楽しめるお味噌になります。

今年は麹の単価が値上がりしてしまいお味噌の単価を上げることになりました。

ご興味ある方はご参加ください。

感染予防のため、くまから洞到着後は手洗いうがいなどご協力をお願いいたします。

■日 時:2/11(祝火)又は2/13(日) 

※密を避けるため、少人数で開催したいと思います。日程の振り分け調整のためご相談させていただく場合もありますがご協力ください。

                      受付      12:00〜

                      仕込み・片付け  12:30~16:00

                      茶話会 〜17:00頃

■場 所:古民家 くまから洞(中野区野方6ー40ー19)  西武新宿線 野方駅より徒歩6分

■参加費:2,000円(1ドリンク・お茶菓子付き)

■お味噌希望口数:1口 1,200円/kg

くまから洞容器で仕込んで秋以降に受け取る場合:1口1,300円/kg

    

■持ち物:

•エプロン

•三角巾

•マスク

•布巾3、4枚

•ビニール手袋(基本的に素手で作業しますが、傷がある方や敏感な方は滲みたりします。また洗い物で手を保護したい場合もご用意ください)

•保存容器(味噌を仕込み寝かせておく入れ物)

例)タッパー、琺瑯容器、プラスチック製樽、ジッパー付きビニール袋など。

味噌玉を自宅で容器に詰めるのも可能と思います。

その際は厚手のビニール袋を持参して入れて持ち帰りその日のうちに容器に詰めてください。

■申込み先:kumakarado@gmail.comまで

・お名前

・電話番号

・希望日/どちらでも可能かお知らせください。

・仕込み味噌希望口数

・容器持参、又はくまから洞樽仕込み希望

を明記してご連絡ください。

仕込みが終わったら全員で片付けの後、お茶菓子を楽しみながら色々感想やご意見など話したいと思います。お時間ある方はどうぞご参加ください。

古民家 くまから洞 竹内 暁子

165-0027 中野区野方6-40-19kumakarado@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。