2022.9.3 精叫祭2022〜ほぼ結成10周年記念祭

精叫華幻樂団(せいきょうかげんがくだん)結成からほぼ10年。その間、家庭を持ったり、新しい命を授かったりと、さまざまな出会いや別れを経て来たメンバーたちが、それぞれの現在を叫ぶ。精叫メンバー+ゲストが織りなす一日限りの祝祭をとくとご覧あれ!

【イベント概要】
日時:2022年9月3日(土)14-17時 
※13時半開場。終了後は懇親会を予定。

参加費:チャージ2000円+1ドリンク500円

会場:古民家カフェ くまから洞
https://kumakarado.com/access
※西武新宿線野方駅北口から徒歩5分

【感染症対策について】
会場のキャパシティや感染症対策を考慮して定員を設けております。
受付時にアルコール手指消毒を実施、定期的に会場の換気を行います。
飲食時以外はマスクをご着用ください。
また、当日、体調不良の方は参加をご遠慮いただきますようお願いします。

▼精叫華幻樂団(せいきょうかげんがくだん)とは
2011年の早稲田祭において結成されたアングラパフォーマンス集団。演説、ダンス、演劇、舞踏などの要素を取り入れた複合パフォーマンスを展開。「生の剥き出し」をコンセプトに、生々しい精神の叫びを体現すべく、唯一無二のスタイルを目指して活動中。

【出演者】
▼喜屋武悠生
石垣島出身。フリーランスとして都内のIT企業や、場づくり、コミュニティ運営などに関わる。日替わり店長のソーシャルバーPORTO共同創業者。シェアハウス歴10年以上。オリジナル曲『たびんちゅ』含む三線弾き語りを予定。

▼加藤志異
岐阜県出身。妖怪になるのが夢の絵本作家。
絵本の作に『とりかえちゃん』他。ドキュメンタリー映画 『加藤くんからのメッセージ』(https://www.youtube.com/watch?v=pSt1r4wGv0g)が全国各地で劇場公開。三鷹天命反転住宅在住。異形の者や不思議なことについて、友人の茶谷ムジさんと語ります。

▼雪舟
学生時代によさこいと出会い、踊りの世界に魅了された、普段は妻子持ちのしがないゲーム系シナリオライター。全体パフォーマンス枠に出演。

▼NORIHIKO
東京都出身。フリーランスのパフォーマ―、役者として国内外で活動。高校非常勤講師。即興の他、身体表現を軸としたパフォーミングアーツの作品づくりを行っています。当日は画家uiとデュオパフォーマンスを予定。

▼実験躰ムダイ&ルカ
2歳と踊る妊婦パフォーマー。ただいま妊娠中、2歳の長女とお腹の子と共に踊ります。その瞬間と共鳴し生まれてくる踊りを即興で表現します。当日はゲストに即興音楽家を迎え即興コラボ予定。

【ゲスト出演】
▼茶谷ムジ
なおらい堂主宰。「名前を隠す人の集い」「空想婆婆カフェ」など実験的なイベントを企画する他、2019年には山谷マニアとしてマニアフェスタに参加。吉原にある遊廓・赤線専門書店のスタッフをしている。

▼ウチダヨシノブ#135
音曲屋。作曲/編曲/音源譜面制作/ローディー/舞台制作/音楽ワークショップファシリテーター/生涯学習音楽指導員/日本音楽即興学会(JASMIM)会員、研究対象は集団即興演奏の方法論。
コロナ禍を経て、改めて「作曲」と向き合う日々。

▼ui
女子美術大学日本画専攻卒業。日本画の他、アクリル絵具や紙を用いたちぎり絵や立体作品等も制作。人々が自由に、様々な思いを巡らすことのできるアートを目指し、公募展やグループ展にて作品を発表している。

【タイムライン(予定)】
13:30〜    開場
14:00〜14:20 全体パフォーマンス
14:30〜14:40 NORIHIKO
14:50〜15:10 喜屋武悠生
15:20〜15:50 実験躰ムダイ&ルカ
16:00〜17:00 加藤志異
17:00〜     懇親タイム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。